塩麹ブーム

塩麹ブーム

最近自分の中で流行っているものがあります。塩麹です。このところテレビなどで取り上げられない日がくらい話題となっている新しい調味料です。塩麹は、野菜ならばつけて、肉や魚ならばつけてから焼いて、炒め物をする時は即席の調味料として、そしてたまごや豆腐をつけておくと何とも言えない味わいを引き出してくれるのです。

今まで、料理をするときに味付けや作り方に迷ってしまった時は、私は必ずといっていいほど市販の炒め物専用のタレやソースやケチャップなど味の濃いもの、もしくは醤油とみりんで甘辛い味付けといったいつも代わり映えのしないものが多かったのです。いつも一つ一つは美味しく出来上がるのですが、なんだか毎回同じような物を食べていると思わざるをえませんでした。

何とかもっとヘルシーに、手軽にできる料理はないか調味料はないかと思っていたところに、今回の塩麹ブームがやってきたのです。

私は早速、まずは市販のものでいいなと思いとりあえずスーパーの塩麹売り場に行ってみたのですが、なんと売られている種類が数えられないぐらいあり、スーパーでどれにしていいか迷い立ち尽くしてしまいました。

塩麹を買ってみよう!と思うきっかけとなった有名なメーカーのものもあったのですが、よく観察して吟味した結果、少々値段は張りましたが素材が良さそうな一品を選んで買って帰ってきました。

その日の夜の献立は特に何も考えていなかったのですが、冷蔵庫に豚肉の薄切りがありましたので、単純に簡単に今日買ってきた塩麹で豚肉の炒め物を作ってみようと思い立ちました。

脂っこくヘルシーでないものが嫌だったので、少しのサラダ油を使い、豚バラ肉を炒めてそして今日買ってきた塩麹をたっぷりとかけて豚バラ肉の塩麹炒めを完成させました。

肉炒めというといつも脂っこいものを覚悟して食べていましたが、塩麹を使った肉炒めはとてもさっぱりとしていていくらでも量が入るという感じでした。子供もいつも以上にたくさんの量のお肉を食べることができました。子供に聞いてみると、いつもよりお肉がしっとりしていて柔らかいし、味も美味しいとのことでした。子供でも塩麹の良さがわかるんだとびっくりしました。

私も、塩麹に期待していたさっぱり感に大変満足できました。これからも毎日の献立を考えるとき、必ず一品は塩麹を使うことになるだろうなと思っています。美味しくて健康的で一石二鳥。もっと早くブームが来てくれればよかったのにと思っているくらいです。

背中脱毛

マカロン好きな息子たち

最近、うちの息子たちにほとほと嫌気がさしています。普段のやんちゃぶりだけならまだしも、ここ最近食べ物にも色々と文句を言ったり随分と生意気になってきました。

普段子供たちのおやつといえば、近所のスーパーで買った駄菓子がほとんどです。私がたまにちょっとおしゃれなケーキ屋さんで買ったショートケーキを大人だけ特別に食べようと思っていたら、急に子供たちが寄ってきてせっかく買った私の分をペロリと食べてしまうようになりました。

たまには子供たちにもおいしいものを食べてもらうのは全然構わないのですが、これが続くとやっかいです。近所の美味しいケーキ屋さんには手作りの色とりどりのマカロンが売っており、大人の私でもいつも目を奪われてしまうほどの色鮮やかでおいしそうなマカロンなのです。うちの子供たちはケーキ屋さんに行くと必ずマカロンの前で立ち止まりショーケースをじーっと見つめ、「ママ、マカロン買って!全部の色がほしい!」と騒ぎ立てるのです。ここのマカロンは一個150円です。全部で十種類位あるマカロン。全部買うと一人当たり1500円です。こんなこと子供のために買ってあげるなんて絶対にあり得ません。

見た目だけかなと思いましたが食べてみると絶品なこのマカロン。私だって食べたいだけ食べていいと言われればもちろん全色食べてみたいと思っています。

ですが、大人だってマカロンを食べる時は多くてせいぜい3つくらいだと思います。子供にはマカロンはまだ早いと思うし、本当はこんなお菓子自体、その存在自体まだ子供に教えないでもいいのではないかとすら思いました。

小さなミニサイズのどら焼きでも与えて、「これがマカロンだよー。」と教え込んでしまえばどんなに安上がりだろうと何度も思いました。でも、そんなことをしてよそのお宅にお邪魔をしてマカロンが実際に出てきたとき、はちゃめちゃなことを言ってしまったり、どら焼きを出されて「マカロンだ!マカロンだ!」と大騒ぎする自分の息子を想像しただけで恥ずかしくてたまらなくなってしまいました。

ですから、実際はそんなこともできず子供を毎回時間をかけて説得して多くても3個のマカロンを買ってあげるようにしています。

自分の意図していないところで、高級菓子の味を覚えてしまったわが息子たち。我が家は何気にエンゲル係数が高い一家なので、将来、子供達の口が肥えすぎて味に異常にうるさい厄介な人間にならないかと今から少し心配しています。